おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
酸っぱいミカン
かぼ

      留守中の玄関先に誰かが葉のついた青いミカンを置いてくれていた。
     野菜などを名前も書かずにさりげなく届けてくれるのは、よくあること。
     早速、1個いただくことにした。

      ところが、皮が固くて指では剥けない。
     包丁で割ると、酸味の強い果汁があふれ出て来た。
     これはミカンじゃない。
     カボスだ。

      届けてくれた人が分かったとき、「ミカンをありがとう。実が青い割には
     甘かったですよ」なんて、間抜けなお礼を言わずに済んで本当に良かった。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2014.10.23 Thu 13:33:30 | 食べる| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。