おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
小鳥のエサだったのか
から

      谷間の段々畑の農道にアケビが5~6個落ちていた。
     どれもこれも皮ばかりで、タネだらけの、あの白い実は見当たらない。

      上を見上げると、写真には写らなかったが、葉陰のアケビを含めて
     どれにも中身がなかった。
     鳥たちが食べてしまったのだろう。

      子供のころ、今の子供たちと違って「甘くてジューシー」な果物の存在すら知らず、
     いつも腹を空かしていたから、雑木林をうろついて、よくアケビを食べていた。
     鳥のエサを勝手に横取りしていたわけだ。

      今ごろ言っても遅いけれど、済まなかったなぁ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
関連記事
スポンサーサイト
2014.10.03 Fri 14:55:39 | 食べる| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。