おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
十五夜お月さん見てはねる
満い

      きのうは十五夜(中秋の名月)だった。
     横着して三脚を使わずに写真を撮ったら、ブレてこんな名月になった。
     お月さん、御免なさい。

満ろ

      木に寄りかかって、手ブレを防ぎながら何枚も撮った。
     「お盆のような丸い月」が何とか撮れた。

      谷間の段々畑では野生の動物たちも月を見上げているだろう。
     野ウサギたちは十五夜お月さんを見たら、はねずにはいられまい。

      丸い輪になって月見酒を飲んでいるのはタヌキとイノシシだ。
     タヌキ囃に浮かれて、酔ったイノシシが踊りだす――なんてことは絶対に
     あり得ないとは言えない。
     大きな月が煌々と照らすこの世とは思えぬような夜なんだから。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
関連記事
スポンサーサイト
2014.09.09 Tue 18:26:58 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
腕が悪い
色付きの文字野良通信さん

こんにちは。

 目で見えているものをきちんと表現できないのは
機械より何より、腕が悪いんでしょうね。
2014.09.10 Wed 15:35:56 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
月って、普通に撮ったらこうなりますよね。眼では見えているんだけどな~。機械には心がない?
2014.09.09 Tue 18:53:12 | URL | 野良通信 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。