おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
灰は最良の肥料
けむり

      谷間の段々畑で焚き火をした。
     途中で雨が降ると厄介だから、枯れ草と小枝をほんの少々。
     どちらも湿っていたせいか、青みがかった白い煙がモクモクと上がった。

      段々畑では、これまで100回以上も焚き火をしてきた。
     「草木灰は最良の肥料」と誰かに教えられ、焚き火の場所を転々と変えて、
     灰を鋤き込んできたのだった。
     
      いま、畑を見渡せば雑草だらけ。
     この肥料は野菜より、雑草によく効くらしい。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2014.09.02 Tue 14:14:29 | 畑仕事| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。