おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
惨状
      広島の豪雨・土砂災害には驚いて言葉も出なかった。
     未明の暗闇の中、家々を飲み込み、打ち砕きながら走り下る
     土石流の恐ろしさはどれほどであったか、想像を絶する。

      広島ではかつて、2年余り勤務した。
     被害地の安佐南区、安佐北区といった地名が懐かしい。
     そこで暮らす友人の何人かとは今も年賀状を交換している。

      あれこれ思うと、集中力をなくして、ぼんやりしてしまう。
     しばらく、ブログを休もうかな。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
関連記事
スポンサーサイト
2014.08.21 Thu 13:37:50 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
嬉しいことを
健忘庵さん こんにちは。

 年をとると、年齢や白髪だけが足し算で、
引き算で少なくなる要素は両手の指でも足りません。
でも、「読者がいます」なんて嬉しいことを
言ってくれるので、もう少し頑張ってみましょう。

 ありがとう。
2014.08.25 Mon 12:48:53 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
豪雨の地のことなど
あのあたり、書道の先生がすんでいますし、大きな虎を見に行った動物公園もあり、広陵の甲子園Vもこれありで、何度も通ったところです。

まあ、ままならんことばかりの憂き世です。

集中力が再び活性化するころは望めない。私も身にしみていますが、せめて、これいじょうに劣化しないようにとブログなんか書いています。

できることなら短くても書き続けてくださいよ。読者がいます。
2014.08.24 Sun 17:30:19 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。