おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
いつでもおいで冬将軍
煙突イ

      大工さんに頼んで、薪ストーブの煙突を掃除してもらった。
     ストーブを取り付けたのも同じ大工さんだから、手慣れた仕事ぶりで
     1時間もかからなかった。

煙突ロ

      今年は煤の量が少なく、バケツの三分の一ほどしかない。
     「よく乾燥した薪を使ったからじゃないですか」と大工さん。
     そうかも知れない。

      煙突とストーブが奇麗になった。
     薪の備蓄も着々と進んでいる。

      さあ、いつでもおいで冬将軍。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2014.07.30 Wed 14:58:56 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。