おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
猫のルール
のら㊤

      我が家の裏門に見知らぬ猫が寝そべっていた。
     そこへ帰って来たのがミーコ。
     猫に気づくと、くるりと方向転換して隣りの空き家の庭に逃げ込んだ。

のら㊦

      「お~い、大丈夫だ。帰って来い!」と声を掛けたら、寝そべっていた猫が
     こちらを見た。
     なかなかの面構えだ。
     首輪はしていない。
     年老いて痩せたミーコとは迫力が全く違う。

      何の証拠もないけれど、ミーコに怪我をさせたのは、この猫ではないかと
     直感した。
     猫には猫のルールがあるのだろう。
     たとえば、自分の縄張りに入って来た猫は敵とみなして攻撃してもいい――
     というような。

      ミーコはうっかりノラの縄張りに入り込んで、肉球が裂けるほど足を
     噛まれたのではないか。
     猫の世界では“うっかり”は通用しない、と改めて学んだに違いない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2014.05.28 Wed 16:15:48 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。