おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
欲張りカラス
カラパン

      谷間の段々畑で人に出会うことは滅多にない。
     農道は谷の奥で行き止まりだし、近くに民家や
     耕作されている畑がないからだ。

      静かな谷間で、小鳥の鳴き声だけが賑やかだが、
     彼らは人間嫌いらしく、近くに寄って来ようとはしない。
     
      例外はカラスだ。
     たまにパン屑を投げてやると、2~3羽のカラスがどこからともなく
     飛んできてパンをついばむ。
     いや、ついばむというより、パンの破片を7つも8つも頬張る。
     数メートル離れた所に私がいても逃げようとしない。
     少しは親近感を持ってくれているのかな。

      品のない食べ方だけれど、段々畑の数少ない顔見知りだから、こちらも
     大目に見ているわけだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2014.04.26 Sat 16:14:29 | その他| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
方向音痴
junさん こんにちは。

 方向音痴なので、不慣れな場所に行くときは
いつもカーナビ頼り。
だから、いつまで経っても道を覚えません。
ミヤシノシャクナゲ園も、交通量の少ない
山道をかなり走ったような……。

 野生の鳥獣は、自分でエサを探さなければ
死ぬだけですから、カラスの食べる姿からも
必死さが伝わってきます。
2014.04.27 Sun 16:29:46 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
カラス
沢太郎さん 皆さん お早うございます。
日頃は可愛いとは思えないカラスなのに食料調達に必死な姿が可愛いですね。
↓黒木の大藤もミヤシノシャクナゲ園も凄く綺麗で見惚れています。
ミヤシノ初めて知りました。
早速検索してみたら3月に湯布院から柳川に向かう際に通った一般道から入って行くみたいです。
有難うございました。
2014.04.27 Sun 09:16:26 | URL | jun #puW2DN6M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。