おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
退院しました
くるま㊤

      病院の駐車場の朝。
     午前7時半は、さすがに閑散としている。

くるま㊦

      1時間足らずでこんな状態。
     さらに10時近くには、写真上段右奥の大駐車場まで潮が満ちるように
     一杯になった。

      世の中には病む人が、かくも大勢いるものかと改めて思う。
     そして、入院するたびに自分のモノの考え方もどこか変わる。
     今回はわずか2泊3日の入院だったけれど、やはり人間の
     生と死について思い惑うことが多かった。

      さて、前置きはこれくらいにして――。

      本日、内視鏡による大腸ポリープ切除手術を終えて退院した。
     執刀医は「うまくポリープが取れました。何の心配も要りません」と
     言ってくれた。
     医師は「血管を切断したり、腸に穴をあけることもなく、手術は
     成功した」と言っているに過ぎず、今の時点で「ポリープは良性だった」と
     説明しているわけではないと思う。
     本当に「何の心配もない」かどうかは10日ほど経って出る病理検査の
     結果を待つしかない。

      それにしても内視鏡は凄い。
     同じことを開腹手術で行なえば退院まで2~3カ月かかるのではないか。
     一瞬で麻酔が効いた後は、目が覚めるまで、どれくらいの時間、何をどう
     されたか全く分からず、術後も痛みがない。

      内視鏡による検査・手術をためらわれている方にはお勧めだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2014.01.23 Thu 17:25:55 | 暮らし| 4 comments
コメント
この記事へのコメント
いざとなったら
司元さん こんにちは。

 いかに医療技術が進歩しようと、
誰にもいつかは終末が訪れるわけで、
その日のために終の棲家を構え、
仕舞い支度を始めているわけです。
しかし、悟りや覚悟があるわけではありませんから
いざとなったら、うろたえるでしょうねえ。
2014.01.24 Fri 16:48:51 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
大丈夫
健忘庵さん こんにちは。

 よかった、よかった。
専門医が精密検査した結果、
「大丈夫」というのですから、
疑う理由がないですもん。

 小生も退院後、体調がいいようなので
今回は大丈夫かな?思っています。

 

 
2014.01.24 Fri 16:40:28 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
 まずは良かったですね。病理検査の結果がでるまでは落ち着かないんじゃないでしょうか。
 くれぐれもお大事に。
2014.01.23 Thu 22:18:08 | URL | 司元 #-[ 編集]
よかったですね。
なんの心配もないと医師が言い切ったのは、励ましの心もこめてのことでしょう。病理検査が待たれますね。

私の方ですが、前立腺肥大症に伴うガン検は、その反応がみられません、大丈夫でしょうと言われました。マア、信ずることに。疑いの眼で見る手がかりを何ももちませんのでね。
2014.01.23 Thu 18:34:39 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。