おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
南天の夢を見た
なんてんのみ

      きのうのこと。
     解体前の納屋にあった古い甕に南天の大枝を活けて、
     玄関前に置いた。
     正月飾りのつもりだ。

      そして夜、南天の夢を見た。
     赤く灼熱した南天の実が家に迫っている。
     火事になるかも知れないのに、自分は身動き一つできない。
 
      夜間の頻尿になってから妙な夢をよく見るようになった。
     これも疲れる。

            南天の夢が醒めての動悸かな(沢太郎)

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.12.27 Fri 15:40:59 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。