おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
御免な九郎
許せよ

      黒猫・九郎を病院に連れて行った。
     病気ではなく、去勢の手術のためだ。

      我が家ではミーコ、デンコ(7歳で病死)、ヤマト(去年の引っ越しの際、
     不注意から行方不明に)のほか、犬のオグリまですべて去勢・避妊の
     手術をしている。
     ここまで読んで「可哀そうに……」と眉をひそめる人もいるかも知れない。
     実は私も、その1人だ。

      しかし、次から次に生まれる猫や犬の子を最後まで面倒見られるかと
     問われたら答えに窮する。
     そうかと言って、ほかの方法も思いつかない。
     仕方なく、いつも後ろめたい気持ちを抱えて、病院に行くのだ。

      御免な九郎、明日は朝一番で迎えに行くからね。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.11.19 Tue 16:29:40 | 暮らし| 4 comments
コメント
この記事へのコメント
暗い予感
びっけさん こんにちは。

 老骨が山里でいくら吠えても
誰も振り向いてくれないでしょうし……
本当にどうしたらいいやら。

 偏狭な人たちが権力を握り続け、
若者たちが、そのことに無関心だったら
日本は確実に暗く住みにくい国になるでしょう。
徴兵制が復活してから騒いでも、
遅いでしょうね。

 
2013.11.21 Thu 16:47:14 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
何故?
どうして?
これで いいのか?!・・・いや 立ち上がらなければ!

 というような 疑問符 そして 内から湧き出るような 熱さが 今の若者たちからは 感じられないような気がそます。 

でも この子らを 育てたのは この私たち 大いに反省です。

沢太郎さん  夢が託せる世にしたいものですね。  私に 出来る事は何でしょうか・・・。
2013.11.20 Wed 20:36:22 | URL | びっけ #-[ 編集]
去勢
健忘庵さん こんにちは。

 風邪はこじらせると厄介です。
どうぞお大事になさってください。

 今の日本は改憲、秘密保護法、原発の海外セールス、
国歌国旗強制などなど暗澹とした気持になることが
多すぎます。
それなのに、薪ストーブだの猫の去勢だのといった
能天気なことばかり書いているのは
我ながら恥ずかしい限りです。

 しかし、小生のような先の短い老骨はともかく
将来のある若者は、なぜ怒らないのでしょう。
60年安保では若者たちが市民とともに立ち上がり、
国会を包囲したではありませんか。

 知らない間に国民の多くは去勢されて
しまったのでしょうか。
2013.11.20 Wed 17:06:59 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
暖かい炎ですね。
このところ急速に寒気が深まり、風邪を引いてばかり。治ったと思うと、また引く始末。それなりに達者なつもりでしたので、気が沈みます。

薪ストーブの炎を眺めて、暖をとるのは素晴らしいこと、ほんと羨ましいね。九郎もすぐに癒えるでしょう。
2013.11.19 Tue 17:52:33 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。