おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
花梨の香り
花梨

      農産物直売所で、小ぶりの花梨(カリン)を売っていた。 
     部屋に一個置くだけで、爽やかな香りが漂うと聞いたことがある。
     買って帰り、試してみた。

      ところが……匂わない。
     鼻を近づけると、かすかにそれらしき香りがする。
     庭のモクセイに圧倒されたのだろうか。

      26日の新聞投書欄に63歳の女性が「多数の人が好むであろうキンモクセイや
     カサブランカは私には香りが強すぎて好きではない」
と書いていた。
     私も、たまにモクセイの香りをうとましく感じることもあるので、投書者の気持ちも
     分からないではない。

      ふと気がついたら何かが香っている、ああこれが花梨の匂いか――という
     静かな部屋でくつろいでみたいと、時には思うのだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2013.10.27 Sun 16:02:43 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。