おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
同じ忙しさでも
薪材

      留守の間に誰かが材木を納屋の前に置いてくれていた。
     その量は2トントラック一台分ぐらいはある。

      我が家が薪ストーブを使っていることを知って、これまで
     何人もの人が薪の材料を持って来てくれた。
     今日の分も、その中の一人だと思うが、誰だか分からない。

      この前の冬は薪集めに苦労した。
     終の棲家に引っ越したのが11月26日。
     荷ほどきと並行して菊池川まで流木を拾いに行き、数日後には
     底をつく薪の用意をしたこともある。

      今年は多くの方々の厚意のお蔭で薪に不自由しないで済みそうだ。
     その代わり、薪作りと収納に忙しい。
     同じ忙しさでも、翌日の薪を心配しないで済む方が、どれだけ精神的に
     楽なことか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.10.21 Mon 15:45:03 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。