おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
稲が枯れている
しいら

      山里はいま稲刈りの最盛期だ。
     田んぼを往復するコンバインを見ていると、自然に
     豊穣の秋という言葉が浮かぶ。

      しかし、今年の田んぼは異常だ。
     上の写真のように、稲が変色・枯死している田んぼを頻繁に見掛けるのだ。
     被害が全体に広がっている田んぼもある。
     いもち病だろうか。

      記録的な猛暑や大雨、台風を乗り越えてようやく迎えた秋。
     腐ったワラのような稲に向き合う農家の方々の気持ちは、察するに余りある。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2013.10.12 Sat 19:22:31 | 畑仕事| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。