おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
雨後にわっと咲く……はずだったが
すだ㊤

すだ㊦

      7日のブログでタマスダレについて、「雨が降って
     球根が潤うと花をわっと咲かせる」(ネットからの引用)と書いた。
     台風24号が九州をかすめて遠ざかった10日、谷間の段々畑に
     タマスダレの“その後”を見に行った。

      ところが、「わっと咲いている」はずの花が見当たらない(写真㊤)。
     あたり一面をイノシシが踏み荒らして、ぐしゃぐしゃにしているのだ。     
     記憶を頼りに花があったあたりに顔を寄せると、いくつかの
     ツボミ(写真㊦)が見つかった。
     
      嵐の夜はイノシシも野生の血が騒ぐのだろうか。
     それにしても、可憐な花に対してひどいことをするもんだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.10.10 Thu 14:57:02 | | 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。