おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
ギネス級?回覧板用ポスト
ポスト㊤

      我が家に回覧板を届けてくれるのは隣家のKさん(女性)だ。
     隣家と言っても境に見上げる高さの石垣があるため、Kさんは
     急な坂道を遠回りしなくてはならない。

      それでは高齢のKさんに気の毒なので、大工さんに相談したら回覧板用の
     長い長いポスト(写真㊤)を作ってくれた。
     回覧板をポストの上端から入れたら、写真㊦の横木の所で回覧板が
     止まる仕組み。

ポスト㊦

      後はKさんが庭先から声を掛けてくれれば、当方がポスト下端に
     手を入れて回覧板を取り出すだけ。

      地域の情報連絡に回覧板を使う国が何カ国あるか知らないが、
     垂直に立てたら平屋の屋根に届くほどの長大なポストは、ざらにはあるまい。
     ギネス世界記録級ではないかと、ひそかに思っているが、どんなものだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif      
関連記事
スポンサーサイト
2013.10.06 Sun 16:05:46 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
その手があったか
健忘庵さん こんにちは。

 大層な回覧板ポストを作らんでも
バケツと言う手がありましたね。
早く思いつけばよかった。

 山里は坂道が多く、高齢者には
辛い面もあります。
その分、豊かな自然があるではないかと
言われたら、それまでなんですが。
2013.10.07 Mon 15:20:47 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
おもしろい
ギネス級ですね。面白い。

イタリア映画なんぞでは、アパートの3,4階から路上にバスケットをおろし、引き上げいる場面を見ましたね。ちょっとした食料品なんかもね。

グレース・ケリーの「裏窓」では、ペット犬を3階からバスケットにいれて庭におろし、散歩させたあと引き上げていたオバさんがいました。これは単なる手抜きかな。

2013.10.07 Mon 10:18:19 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。