おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
「バーカ」でも「サイテー」でも
かあちゃん 1週間もブログを休んでしまった。
ブログだけではなく、パソコンそのものを開かなかった。

 パソコンの故障でも病気でもなく……いや病気かな。
畑仕事や集落の草刈りは普通にこなしたのに、億劫でパソコンの前に座れない。
元々、キカイに弱いネット落ちこぼれ体質に持病の怠け病が追い打ちをかけたようだ。
わざわざ訪問して下さった方には御免なさいとお詫びしたい。

 パソコンを閉じている間、田辺聖子の『ひねくれ一茶』(講談社文庫)と重松清の『かあちゃん』(同)を読んだ。
前者は643ページ、後者は535ページの長編だが、どちらも最後まで面白く読めた。
『ひねくれ一茶』の解説で、五木寛之さんは、作品を読み終えたときの自分の心境をまさに「兜を脱いだ」と語っている。
一茶は田辺さんが書いたような人間だったに違いないと思えたので、私の気持ちも同じだった。

 重松さんは「あとがき」で、出版に至るまで世話になった編集者、画家、装丁家たちに礼を述べたあと、「もちろん、読んでくださった方には、ありったけの感謝を捧げます。ありがとうございました」と書いている。
登場人物の中学生の言葉を借りれば「バーカ」で「サイテー」の子どもや大人(もちろん私もその一人)にも、それぞれ心があり、いつもではないけれど懸命に生きようとしていることを分かってくれた重松さんに、私の方こそありがとうと言いたい。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.26 Thu 18:34:09 | | 2 comments
コメント
この記事へのコメント
怠け癖
MKさん こんにちは。

 優しいお言葉ありがとうございます。
もう隠居の身ですから、ゆっくり、のんびり
書いて行こうと思います。

 ブログの休みが続くようなことがあったら
「また怠け癖が出たな」と笑って下さい。
2013.09.27 Fri 14:58:01 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
何にもなくてよかったです。
沢太郎さんブログはほっとしまあす。
でもそんなこと気になされずこれからもどうぞご自由に無理のない範囲で“お気楽に”ブログを続けていってくださいな。
2013.09.26 Thu 19:36:37 | URL | MK #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。