おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
燃やすのは3年後かな?
雑木

      近くの集落に住む知人が雑木を軽トラに満載して届けてくれた。
     我が家が薪ストーブを使っていることを知った上での御好意だ。
     「まだまだ沢山あるけん、いつでも取りに来なっせ」と言う。
     ありがたい。

      新参者の私は同じ集落の人でも、ほとんど名前も顔も知らない。
     ましてや、どなたがどんな暖房器具を使っているか見当もつかない。
     ところが、地元の多くの人たちは我が家の薪ストーブを知っているらしく、
     ちょくちょく薪の材料をいただく。
     山里の情報伝達の早さと広がりは相当なもののようだ。
     
      お蔭さまで谷間の段々畑の薪作り場は満杯状態。
     完成した薪をせっせと自宅の薪小屋に運んで空きスペースを作らないと
     いただいた木の置き場が無くなる。

      今回の分はゆっくり乾燥させて、使うのは3年ぐらい先になるだろう。
     日々の薪確保に振り回された昨冬がウソのような余裕だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif          
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.15 Sun 14:00:08 | 暮らし| 4 comments
コメント
この記事へのコメント
今や皆さん親友です
リィママ さん こんにちは。

 人生の後半は、これまでと全く違う
暮らしをしようと、一人の知人もいない
集落の空き家に住んだまではいいのですが、
言葉や土地の慣わしなど、分からないことばかり。
ここで暮らしていけるかどうか不安でしたが、
皆さんとても親切で、畑や栗山を
無償で貸して下さり、畑づくりや木の切り方の
イロハから何から何まで教えて貰いました。

 楽しい10年余りが過ぎ、去年の11月に引っ越す際、
皆さんが「とぜん(徒然?)なかですたい」「とぜんなかあ」と言って
送ってくれました。

 「とぜんなか」とは「淋しい」と言う意味だと、後で知って、
人柄がいいどころか根性悪ジジイの私の目からも
涙がこぼれましたよ。 
2013.09.16 Mon 14:09:26 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
嬉しい心遣い
青い空さん こんにちは。

 木は、枝や葉をすべて打ち払い、
軽トラにちょうど乗る大きさに切り揃えて
ありました。
青空さんのように、見る人が見たら
親切な心遣いが分かるのですね。

 電動式薪割り機は相変わらず
不機嫌なので、連休明けの明日にでも
修理屋さんに持ち込むつもりです。
2013.09.16 Mon 13:47:38 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
沢太郎さんのお人柄が伺えます。
沢太郎さん こんばんは。
私もそうですが、九州人は情が深いというか面倒見がいいというかお節介というか・・
それもこれも沢太郎さんのお人柄がいいからこそです。
地域のみなさまと、とってもいい関係でらっしゃるのが
伝わってきます^^
2013.09.15 Sun 19:06:42 | URL | リィママ #-[ 編集]
良い薪ですね
こんにちは、毎日楽しみに拝見しています。
奇麗に切り揃えた薪で、また、持ってきて下さるとは、人のご好意はいいですね。
おそらく、沢太郎さんが地区の行事等を一生懸命されているからでしょう。
その後、電動薪割り機の機嫌は良く成りましたか?
2013.09.15 Sun 17:17:09 | URL | 青い空 #VXr6wPOg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。