おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
蜜に潜む危険
ひがん㊤

      彼岸の入り(ことしは9月20日)が近づくにつれて山里は
     野火のような彼岸花に彩られていく。
     どんなに夏が暑くても、決して秋の彼岸を忘れない。
     律義な花だねえ。

      我が陋屋の庭に咲く彼岸花は白に近いクリーム色が主流だ。
     赤を見慣れている目からすれば、どこかもの寂しい。

ひがん㊥

      彼岸花は、やはり篝火の炎のような赤がいい。

ひがん㊦

      ツボミの下で逆さになっている大きなカマキリにお気づきだろうか。
     まだ花が咲かないうちから、蜜を求めて来る獲物を待っている気の早い奴
     かも知れない。

      甘い蜜に潜む危険。
     人間世界にも、よくある話だ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.14 Sat 15:45:02 | | 2 comments
コメント
この記事へのコメント
ピンボケ
楓さん こんにちは。

 山里は彼岸花が日ごとに
勢いを増しています。
昼間は30℃を超えても、
やはり秋ですねえ。

 カマキリはピンボケですので、
気づかなくて当然です。
ピントが合っていたら、ちょっと怖いかな?
2013.09.15 Sun 14:07:15 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
もう秋ですね
裏山に今朝1本咲いているのを見つけました
その隣にはツボミが2本
お彼岸が近付くと姿を現す…本当に律義すぎですよ
毎年、彼岸花の群集を見ると秋の訪れを実感します

カマキリ…
全く気付かず写真に見惚れておりました
さすがです
2013.09.15 Sun 09:13:36 | URL | 楓 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。