おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
どう咲きゃいいのさ
落ち柿

      消防車の放水のような激しい雨が降ったかと思うと、突然やんで
     晴れ間が出るヘンな一日だった。
     路上に、まだ青い柿の実がいくつも転がっている。
     雨が叩き落としたのだろう。

      きのう23日の朝刊一面トップは「イチロー日米4000本安打」だったが、
     私が驚いたのは社会面3段の「藤圭子さん自殺 62歳」の方だ。

              赤く咲くのは けしの花
              白く咲くのは 百合の花
              どう咲きゃいいのさ この私
              夢は夜ひらく


      暗い眼差しで、絞り出すように低い声で歌う「圭子の夢は夜ひらく」を初めて
     聞いたのは私がまだ20代後半のころだった。
     あれから今に至るまで、途方に暮れるたびに「どう咲きゃいいのさ この私」と
     何回自問したことだろう。

      彼女がなぜ死を選んだのか詮索する気持ちは全くない。
     晩酌の焼酎を飲みながら「もっと歌って欲しかったな」と、未練たらしく
     思うのである。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.24 Sat 20:27:57 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。