おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
えっ、棟上げ式?
むね㊥

      昨日の午後、予定より半日早く大工さん2人が来て、納屋の柱を立てた。
     「今日(6日)は大安なので、柱だけでも立てようと思って……」という。
     
      カレンダーに小さく印刷されている大安、仏滅、先勝などの「六輝」を私は
     普段、ほとんど意識しない。
     縁起がいい大安だからと、わざわざ来てくれた大工さんたちの気持ちが
     嬉しかった。

むね㊤
  
      そして今朝、納屋の棟上げ式をやるという。
     住宅ならともかく、納屋の棟上げ式など全く考えてなかったので、
     慌てて用意した酒、塩、いりこを数カ所に置くだけの略式で済ませた。

      「昔は1年ぐらいかけて家を建てたから、棟上げ式も丁寧にやった。
     いまは家を建てる人が少ないから、棟上げ式に詳しい人なんて滅多に
     いませんよ」と大工さんは笑った。
     言われてみれば、これまで住んだのは借家ばかり。
     終の棲家は老朽住宅を改造したものだし、新築は今回の納屋が初めてだ。

むね㊦

      簡素極まりない棟上げ式が終わると、大工さんたちがてきぱきと
     工事に取り掛かった。
     大きなクレーン車が重い梁や横木を吊りあげる。
     もう掘立小屋とは言わせないぞ。

      このブログを書いている午後4時40分の今も工事の音が聞こえる。
     明日、どんな状態になっているか楽しみだ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif           
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.07 Wed 16:42:42 | 暮らし| 4 comments
コメント
この記事へのコメント
無知ゆえに
よしおっちゃん さん こんにちは。

 いくら納屋でも、もっと心のこもった
棟上げ式をすべきだったと後悔しています。
この日はビールも出さず、よく冷えた麦茶と
スイカをおやつに差し上げただけ。

 汗まみれで働く職人さんたちに
申し訳ないです。
2013.08.08 Thu 16:16:32 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
最初で最後の棟上げ
和さん こんにちは。

 転勤族でしたので、数年単位で引っ越しを
繰り返しました。
いつでもどこでも落ち着かない仮住まいです。

 ここは終の棲家ですから、
いずれ和さんのように
家に包まれているような気持ちに
なるでしょう。
楽しみです。
2013.08.08 Thu 16:08:08 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
無事の棟上げおめでとうございます。私も12年前住宅の棟上げ式おいたしました、紅白の小モチお菓子など四隅みはお金を入れた大きめの餅をまきました。こちらでは、ヒトギといいます 今日は近くの後輩の棟上げです、 5時ころからギンギン冷えたビ-ルでお祝いです。
2013.08.08 Thu 15:04:35 | URL | よしおっちゃん    #-[ 編集]
厳かな気持ちに
私の家は45年前に一度だけしました。
その後いろんなことをすっぽり包んで、今も老夫婦二人包んでいます。

棟上げ式・・・この言葉すきです。
どうぞ、この納屋に夢を広げてください。
2013.08.08 Thu 09:47:11 | URL | 和 #mtYTAWfU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。