おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
不機嫌なアマガエル
青ガ

      竹ザルのへりで、アマガエルが空を睨んでいた。
     大きさは1円玉(直径2センチ)ほど。
     3~4センチのニホンアマガエルより、かなり小さい。

      一瞬、カエルの子どもかな?と思ったが、カエルの子はオタマジャクシ。
     多分、別の種類だ。

      「今日は降りますかね」と声を掛けたら、「そんなこと知るか。もう
     帰る」と草むらにジャンプして姿を消した。
     暑くて機嫌が悪かったのだろう。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.06 Tue 16:58:50 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。