おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
納屋の奥の隠れ井戸
井戸イ

      納屋の跡地に砂利を敷き詰めた。
     みすぼらしかった昔日の面影はない。
     納屋が建ったら、見事な石垣がまた見えなくなるのは残念。

      バックホー(油圧ショベル)の右側にあるコンクリート板は意外なものだった。

井戸ロ

      納屋の奥に井戸があったとは。    
     割れたコンクリート板は井戸の蓋だったのだ。

      大工さんが測ったら、井戸の深さは5メートル、水深は4メートル弱
     だった。
     前の持ち主はドーフン(動力噴霧器)を使って、井戸の水を近くの
     畑に撒いていたそうだ。

      井戸に酒と塩、炒りこを供えて清め、一同神妙に手を合わせた。
     水の神さんに、これからもよろしくとお願いしたわけだ。
      
      どうか、御利益がありますように。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.19 Fri 15:30:15 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
狭い敷地に欲張って
和さん こんにちは。

 納屋の跡には納屋を建てます。
農具や車を入れなくてはなりませんから。
それに薪小屋と果実酒収納スペース。
狭い敷地に、そんなに欲張っても
無理かも知れませんね。

 井戸は、元のように納屋の奥に
鎮座することになるでしょう。
2013.07.20 Sat 16:39:18 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
おはようございます。
山暮らし、憧れました~昔
納屋の跡には、何ができるのでしょうか、井戸がいいですね。
暑さに負けずに、どうぞお励みください。
2013.07.20 Sat 06:24:35 | URL | 和 #mtYTAWfU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。