おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
長い旅路の航海終えて
旅ア

      マタタビの花 が咲いて間もなく1カ月になる。
     “その後”の様子を覗いてみた。
     花はとっくに散り、ドングリ型(写真㊤、ピンボケ失礼)と、カボチャ型(写真㊦)の
     実がなっていた。

旅イ

      こちらのカボチャ型は開花時に虫が寄生するため、こんな形になるそうだ。
     虫エイ、あるいは虫こぶと呼ばれ、これを焼酎に漬けこんだマタタビ酒は
     疲れた旅人が飲めば、再び旅に出られるくらい元気になるという俗説がある。

      美空ひばりや椎名林檎が歌う「港町十三番地」の
     
      長い旅路の航海終えて 船が港に泊る夜…… というくだりを
     
     たまに口ずさむ。
     私も長い旅をして年老い、山里で疲れた体を休めている。
     マタタビ酒を飲んで、また旅を続けてやろうか。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 

    
     
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.02 Tue 16:51:23 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。