おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
ヤモリよヤモリ
穂

      ミニ菜園のトウモロコシが穂を出し始めた。
     今年の春、南阿蘇の一心行の大桜を訪れた際に農産物直売所で買った
     「地トウモロコシ」だ。

      立派に大きく育ったけれど、問題はこれから。
     袋の中に侵入したアワノメイガの幼虫に、これまでどれだけ実を
     食い荒らされたことか。
     何の知識もない素人が農薬を食べ物に散布するのは、それこそ大けがのもと。
     そうかと言って、アワノメイガの微細な卵や幼虫を見つけて手で駆除するのは
     至難の業だ。

      夜な夜な窓辺で蛾を食べているヤモリを集めて、トウモロコシ畑に
     放したら効果はないだろうか。
     ヤモリよヤモリ、助けておくれ。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.06.25 Tue 20:23:23 | 畑仕事| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
一石三鳥!
かごめかごめの里さん こんにちは。

 ヘアリーベッチ……初めて聞く名前です。
私も早速、検索してみました。

 谷間の段々畑わきの斜面に咲いている薄紫色の花が
ヘアリーベッチによく似ています。
藤の花にちょっと似ているなと思っただけでしたが、
雑草抑制と緑肥効果もあるとは。
何とか利用しない手はないですね。

 教えて下さってありがとう。
2013.06.26 Wed 17:56:32 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
ヤモリに代って天敵作戦その2?
地トウモロコシ…楽しみですね。どんなものか興味津々。
そして、アワノメイガ、無農薬ではなかなか手強い相手の様です。
(ついつい検索をかけてしまいます)
有力候補は、天敵のハチの誘引---(ペットボトルにハチミツ・黒糖
・ドライイースト)---
あらら、カラスノエンドウの仲間の「ヘアリーベッチ」なら、
周辺に蒔いて雑草の抑制や肥料(窒素固定ということらしい)になるうえに、
花期にはミツバチが専属ハンターになるらしい---。
思い通りの3段論法にはならないでしょうが、古家の跡地の草取りが楽になる?

あれやこれやは、きっと先刻ご承知。
でも、沢太郎さんのブログをきっかけに、興味の世界が拡がります。
そして、自然ってやっぱり凄いです。
2013.06.25 Tue 18:36:40 | URL | かごめかごめの里 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。