おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
蛍を見ながら梅酒を飲む
うめ㊤

梅の替え 以前住んでいた集落の知人が青梅をどっさり届けてくれた。

 「取れ過ぎて使い切れないんよ。よかったら貰ってくれないかなあ」と、こちらが遠慮しないように気配りまでして。
もちろん、ありがたく頂いた。

 やや小粒だけれど、取れたてだから、いかにも初々しい青色をしている。
早速、一部を焼酎に漬けた。

 昨晩は、裏庭に蛍が10数匹も飛んで来た。
これまでにない多さだ。
梅酒をじっくり寝かした数年後、蛍が高く低く光を曳いて飛ぶのを眺めながら飲んだら美味いだろうな。

   
    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.06.01 Sat 11:21:46 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。