おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
トンボの背中
とん2

      農道の木の橋にトンボがとまっていた。
     名前は知らないが、よく見掛けるトンボだ。

tonnbo

      肝っ玉が大きいらしく、近くに寄っても逃げない。
     無遠慮にじろじろ眺めているうち、背中の異様な紋様に気づいた。

とん1

      目鼻の輪郭が太い人間の顔に見えないだろうか。
     本職のヤクザ屋さんでも、今時こんなに恐ろしげな墨を背中に入れている人は
     少ないだろう。
     トンボがなぜ、こんな背中になったのか不思議だ。

       ――という他愛のないトンボの話を書くのに4時間以上も掛かって
      しまった。
      パソコンの調子が突然おかしくなり、「画像の縮小」は出来るのだが、
      「ファイルアップロード」と「ブログへの挿入」が受け付けて貰えない。

       意地になって、あーでもないこーでもないの試行錯誤を繰り返して、
      何とか辻褄を合わせたときは心身ともにバテバテ。
      理路整然としたものの考え方が出来ないために、私はこれまでの
      人生で、どれほど多くの時間を使って迂回路を歩いてきたことか。

       持ち時間が少ないのに、トンボの背中を書くのに4時間も浪費するなんて
      馬鹿げている。
      自己嫌悪に駆られて、あしたはブログを休むかもしれない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.29 Wed 17:03:16 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。