おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
モミジの落とし文
ふみ②

      こんなものが玄関前に落ちていた。
     たぶん、モミジの種だが、二つ折りの落とし文に見えないこともない。

ふみ①

      近くにモミジの木が1本ある、
     見上げると、プロペラの羽根のような種が他にもついていた。
     風に乗って種を遠くまで飛ばすのだろう。

      落とし文には「私の大切な子どもたちです。どうか暖かく
     見守ってやって下さい もみじより」と書いてあるに違いない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.06 Mon 15:40:45 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。