おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
年に一度の厄日
注射㊤

      オグリを狂犬病予防注射に連れて行った。
     軽トラの荷台に犬を乗せた人が続々とやって来る。

注射㊥

      飼い主に似てオグリは注射が嫌いだ。
     首を抱いて「大丈夫だ。痛くなんかないぞ。怖がらなくてもいいよ」と
     励ましてやった。

      この女性も犬に何ごとか話しかけていた。
     きっと、私と同じことを言っているのだろう。

注射㊦


      オグリが獣医さんに背中を向けた一瞬の間に注射は終わった。
     キャンと鳴く暇もない。
     背中にちくっと痛みを感じたものの、何をされたか理解できなかったに
     違いない。

      このあと連れて行った谷間の段々畑でも、家に帰った後もオグリは
     借りて来た猫のように大人しかった。
     理由は分からない。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif 
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.09 Tue 16:33:58 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。