おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
もう春だぜ、とウグイスが
奥

      薪を取りに行った谷間の段々畑でウグイスの初音を聞いた。
     最上段の畑に接する、雑木や孟宗竹が茂っているあたり(写真)。
     むろん、姿は見えないが、ぎごちない鳴き声はまぎれもなく
     ウグイスだ。
     春告げ鳥の異名の通り、「もう春だぜ」と教えてくれたのだろう。

      山里のウグイスは7月ごろまで鳴き続ける。
     間もなくコジュケイやホトトギスが加わって声を競う。
     命のさえずりの賑やかな若葉の季節が待ち遠しい。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif   
関連記事
スポンサーサイト
2013.03.07 Thu 16:22:05 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。