おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
庭前に白く咲たる
白㊤

      廊下のカーテンを開けたら隣りの田んぼが白くなっていた。
     夜中に雪が降ったようだ。
     近所の人たちとまた「今年の冬は、たいぎゃあ寒か」「ほんなこって」といった
     会話を交わすことになるだろう。

白㊦

      雪の白と白い椿。
     近過ぎてパッとしない。
     雪には、やはり赤い椿が似合うと思う。

      ところで、椿の花は春の季語だとは知らなかった。
     鬼貫の下記の句も歳時記の春に載っていた。

              庭前に白く咲たる椿かな

      知らないついでに言えば、江戸の俳諧師が詠んだこの句のどこが良くて
     後世に残ったのか――それも分からない。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2013.01.18 Fri 18:27:47 | 暮らし| 1 comments
コメント
この記事へのコメント
相互リンク
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://h3z.jp/4GEi
2013.01.18 Fri 17:43:41 | URL | まゆみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。