おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
社交界デビュー
どん1

      きのうは集落の「どんどや」だった。
     午前8時に昔は田んぼだったという空き地に集合、約20人が手分けして
     孟宗竹を伐り出し、見上げる高さのやぐらを組んだ。

どん2

      午前9時半に点火。
     最初は凄まじい勢いで煙が上がる。

どん3

      次の瞬間、スイッチでも入ったかのように炎が噴き出した。
     パンパンと竹が弾ける音が響く。

どん4

      炎に包まれたやぐらが思いがけない早さで崩れ落ちた。

どん5

      真っ赤な熾火が強烈な熱波を放ち、とても近寄れない。

どん6

      長い竹の先に挟んだ餅を焼く人、目刺しやスルメを鍋に入れてあぶる人など
     さまざまだ。
     婆ちゃんたちが入れ替わり立ち替わり「食べんね」と言って持って来てくれる納豆餅や
     ミカンをありがたく頂いた。
     「どんどや」の火に当たると、1年間無病息災で暮らせるという言い伝えを
     素直に信じよう。

      午後からは初寄りと新年会。
     次々にお酒を注いでくれ、何人かが「よくぞ来なはった」言ってくれた。
     前に住んでいた集落から情報が入っているらしいが、これは明らかに過大評価。
     メッキがはげ、地金が出た時に何と言われるだろう。

      酒を注ぎつ注がれつしているうちに、だいぶ顔と名前を覚えた。
     次に会ったとき思い出せるかどうか疑問だが、集落の社交界デビューはまずまず
     成功と言えようか。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif   
関連記事
スポンサーサイト
2013.01.14 Mon 14:25:47 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
クラゲのように
らぼっちさん こんにちは。

 「新しいことを始めるのに
遅すぎるということはない」と、どこかの
エライさんが言ってましたが
新しい集落で、新しい人間関係を
築いて行くのは正直楽じゃないです。

 正月のおみくじにあったように
風まかせ、運まかせでふわふわと
漂うことにしましょう。
2013.01.15 Tue 16:27:53 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
集落の社交界デビュー、おめでとうございます^^
よう来なはったと言われたら嬉しいですね
ちょっと気恥ずかしい、ちょっと嬉しい
新年会でしたね♬
2013.01.14 Mon 22:59:03 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。