おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
仕事始めは焚き火から
仕事ハジメ

      軒下の寒暖計がマイナス5℃の最低気温を記録していた。
     一面に霜が降りて、心臓がきゅっと縮まるような寒さだ。

      今日からの仕事始めは、ストーブの薪を作るつもりだったが、
     日当たりの悪い谷間の段々畑は、その前に焚き火でもしなければやってられない。
     火が怖いはずのオグリまで焚き火のそばに寄って来る。

      薪ストーブは想像以上に薪を消費する。
     年末ぎりぎりまで頑張って備蓄した正月用の薪がそろそろ底を尽きかけている。
     菊池川堤防道路で拾った流木を切ったり割ったりして、今日はコンテナ7つ分の
     薪を作ったが、この量はせいぜい2日分だ。

      ストーブの前で、のんびりくつろぐぎたかったら、毎日せっせと薪を作らなくては
     ならない。
     薪割りも結構楽しいから文句はないけれど、今年は夏のうちから準備して、余裕のある
     冬を迎えたいものだ。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif    
関連記事
スポンサーサイト
2013.01.04 Fri 21:27:51 | 畑仕事| 4 comments
コメント
この記事へのコメント
薪は買えません
健忘庵さん こんにちは。

 薪の消費量はストーブの大きさや
住宅構造によって違うと思います。
我が家のストーブは32畳用ですが、
腕の太さぐらいの華奢な薪なら
1日2~3束ではとても足りません。
薪を惜しげもなく買ったら路頭に迷うでしょうね。
2013.01.05 Sat 16:55:17 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
いつまで続くか
らぼっちさん こんにちは。

 流木が無くなったら、山の倒木を
伐り出したり、大工さんらの不要材木
差し入れだけでは足りなくなるでしょうね。
そうなったら、伐採した木を山のように積み上げて売っている
業者から原木を買うか、ストーブをあきらめるか。
その時になったら考えます。
2013.01.05 Sat 16:38:57 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
薪ストーブのこと
薪スト-ブが、とても流行っているとの記事が年末ありましたが、維持費、つまり薪代が半端でないとか。

居間で炊くと、一日3、4束消費するそうですは、都会ではネット通じて買うらしく、一束3ー400円。一日1500円相当だそうです。

冬場だけけとはいえ、月45000円。うーんと唸りたくなりますね。薪ストーブはやはり地の利が必要かもね。
2013.01.05 Sat 14:33:49 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
7つのコンテナが二日分ですか
マイナスの山里では量も半端ないでしょうが
どえらい大変ですね^^;
菊池川もいつか無くなるでしょうし・・・
皆が薪ストーブになったら間伐問題は解決するかも^^;

2013.01.05 Sat 00:00:05 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。