おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
猫専用のスイングドア
戸あ

      ミーコのお気に入りの場所はストーブのそばだ。
     暖かい場所は猫に訊け、というのは本当だね。

      猫の枕元の長方形は猫が自由に出入りできるスイングドア。
     大工さんに頼んで作ってもらった。

戸い

      上の写真はミーコがドアをくぐって出て行くところ。
     もちろん、外から帰って来る時も自分でドア押して入る。

      引っ越して1週間ほどは、山寺の和上さんのアドバイスに従って
     外には出さず、ミーコ愛用の座布団やマットをあてがい、新しい環境に
     慣れるよう努めた。
     どうしても外に出たがる時は首に紐をつけて庭を歩こうとしたが、
     犬のように素直ではなく、座り込んで動かなかったり、反対方向に
     突然向きを変えたり。

      猫の自己中心的な性格に手こずったけれど、ともかくも新しい住み家に
     馴染んだようだ。
     もっとも、無事に帰るまで心配なのは、娘を持つ世の父親と変わらない。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.12.07 Fri 16:38:53 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
知りませんでした
山寺の和上さん こんばんは。

 そうでしたか。
「いざ」の方が「今」より語調が強くて、自分の
気持ちに近いと思うのですが。

 迷い猫はまだ見つかりません。
人事を尽くした後、この和歌にすがりましょう。
2012.12.08 Sat 16:11:32 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
もう幾つ寝ると・・・・・
◎近年、百人一首が家庭で行なわれない
ので、小中学校で盛んという。古典に親
しむのは結構と思う。ところで先の落書
き訂正します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる
      まつとし聞かば 今 帰り来む
  ※今(正)←いざ(誤)<勘弁!>
◎掛詞:いなば(因幡)=行ってしま
    うならば・まつ(松)=待つ。
◎作者:在原<中納言>行平(ゆきひら
         ・9世紀の人)
◎出展=『古今集』巻八<離別三六五>、
『小倉百人一首』 <16番>。
☆「迷子探し」に効果がありますように・・・
――――――――――――――――――――――――――――――――
2012.12.08 Sat 06:27:38 | URL | 山寺の和上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。