おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
ヤマトよ
    くろ②

      11月26日の引っ越しを挟んで20日近くもブログを休んでしまった。
     それに触れる前に、取り返しのつかない失敗をしたことを書いておきたい。

      転居の当日、ミーコと黒猫ヤマトを入れたカゴ二つとオグリを軽トラに
     乗せて終の棲家に向かった。
     到着して猫たちを荷台から降ろそうとしたところ、ヤマトのカゴは空っぽ。
     カゴの留め金二つのうち一つが少し緩んでいた。
     それでもカゴのふたはわずかしか開かないのだが、ヤマトは強引にこじ開けて、
     走る車から飛び降りたらしい。

      カゴの中でヤマトは大人しくしていたし、10分間の距離だからと油断した
     のがいけなかった。
     荷台ではなく車内に乗せればこんなことにならなかったと悔やんでも
     悔やみきれない      

      毎日、新旧の家の間を往復してヤマトを探しているが、まだ見つからない。
     厳しい冷え込みの中、腹を空かせ、どんな恐ろしい思いでいるかと考えると
     堪らない気持ちになる。

 くろ①

      上の写真はお気に入りの段ボール箱でくつろぐヤマト。
     箱のヘリに肘をつく得意のポーズは温泉を楽しむ人間みたいでしょ?

      ヤマトはまた、松ぼっくりを上手にドリブルして、部屋から部屋へ
     走り回るのが好きだった。
     世界初の猫Jリーガーになるぞと笑ったものだが……。

      全身真っ黒で、これといった特徴はないけれど、たとえ100匹の黒猫の中に
     まぎれていても私はヤマトを見分ける自信がある。
     ヤマトも私が集団の中にいても見つけてくれるだろう。

      山鹿市北部で銀色の首輪をしている黒猫を見掛けたら、どうぞ
     御一報下さい。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2012.12.04 Tue 12:21:34 | 仕舞い支度| 8 comments
コメント
この記事へのコメント
元気でいるなら
リィママ さん こんにちは。

 ヤマトがどなたかに拾われ
可愛がられていたらそれでいいのです。
猫は人ではなく家につくそうですから
私のこともすぐに忘れるでしょう。
2012.12.06 Thu 17:05:11 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
いざ帰りこむ!
らぼっちさん こんにちは。

 1日も欠かさず引っ越しで通った道を
走っています。
たかが猫と割り切れたらいいのですが、
自分の不注意で逃がしたので、責任を感じて……。

 山寺の和上さんの言うように相手も私を探しているはずだから
きっと見つかると思いますよ。
2012.12.06 Thu 16:57:32 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
お願いします
陽花さん こんにちは。

 ありがとうございます。
願ってもないお話です。
よろしくお願いします。
2012.12.06 Thu 16:46:16 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
どこで飛び降りたのだろう?
山寺の和上さん こんにちは。

 今日も旧居周辺に行ってきました。
行方不明の猫はもともと行動半径が狭く
近くの草むらや畑に行ってもすぐに帰って来る
世間知らずの家猫です。

 猫が車から飛び降りたのは新居ー旧居間9.2キロのどこか。
そこが旧居から遠ければ土地勘は全くないわけで、
心配のタネもそこにあるわけです。
2012.12.06 Thu 16:35:07 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
それはそれは心配ですね。
前の家に無事辿り着けばいいですね。
優しい方に保護されてないでしょうか?
ヤマト君の無事を祈っています。
「見つかったよ」との朗報記事を待っています。
2012.12.05 Wed 00:58:38 | URL | リィママ #-[ 編集]
なんと、久しぶりの記事と思いきや
もう1週間ですか、さぞご心配のことでしょう
やはり前の家の周りに居そうな気がしますが
すでに何度も捜されているのでしょうね
山寺の和上さんのアドバイスを実行されて下さい
きっと、戻ってきますよ、きっと!
2012.12.04 Tue 21:22:31 | URL | らぼっち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.12.04 Tue 21:13:43 | | #[ 編集]
迷子ネコ探しの方法
・ウーン、1匹行くへ不明とは。拙僧の前便、
もう少し丁寧に書くべきでした。猫は家に居
つくので旧居とその周辺をまず探索されたい。
また猫も飼い主をさがすのでかつて一緒に
散歩した野山でネコの名を呼び続けるとヒョ
ッコリ出てくるーことも期待できる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・隣家の姉に飼い猫の世話を頼んで、家族
旅行して帰ったら家出していた。困った私は
「もしや」と以前散歩したことのある家近く
の山に出かけ、30分ほど口笛を吹いたり呼
称したら「ニャーン、ニャン」と鳴きながら
ヤブをこぎわけ出てきた。猫は音で方角を知
るので諦めるのは未だ早い。相手も私を探し
ていた。このオスはもう仏さまの膝に在り。
・もう一つ。ネコの皿の裏に「立ち別れ因幡
の山の峰に生(お)うる待つ(松)とし聞かば
いざ帰りこむ」と三度なぞって書いておくと、
必ず戻って来る(ハズ)。    以上
2012.12.04 Tue 13:38:48 | URL | 山寺の和上 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。