おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
果樹との別れ
果樹園

      終の棲家へ引っ越す前にミニ果樹園の草を刈った。
     家主さんから借りている畑や家の内外を綺麗にするのは当たり前のこと。
     身辺整理は人生仕舞い支度の第一歩だ。

      ミニ果樹園は元々、田んぼだったらしいが、借りたときは草ぼうぼうの
     荒れ地だった。
     ここに数本ずつ植えたミカン、梅、イチジク、ビワなどの苗木は立派に育ち、
     ビワを除いて、毎年沢山の実をつけてくれている。

      それぞれの木に思い出と愛着があり、草刈りの手も止まりがち。
     引っ越した後も、たまには見に来ようかな。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.11.03 Sat 15:48:16 | 仕舞い支度| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
願わくば
道草さん こんにちは。

 この世におさらばするときも
あとを濁さずにすみますように。
2012.11.04 Sun 15:50:54 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
立つ鳥跡とを濁さず精神ですね。
2012.11.04 Sun 07:34:48 | URL | 道草 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。