おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
アオサギ、究極のシンプルライフ
向かいア

      朝起きたら庭に出て向かいの山を眺める。
     山里暮らしの中でいつしか身についた習慣だ。

      1週間か10日ほど前から、この山で白い大きな鳥を
     見掛けるようになった。

向かいロの替え

      ダイサギのように見えたが、拡大して見たらアオサギだった。
     近くに巣があるのだろうか。

      アオサギは、樹上でも水辺でも、たいてい一羽だけで佇立している。
     カラスやスズメのように群れて騒いでいる姿を見たことがない。
     いつか見た巣も木の細枝を雑に組んでいるだけの質素なものだった。

      終の棲家への引っ越しを控えて、ぼちぼち身辺整理を始めている。
     なるべくモノは買わず、質素に暮したいと心掛けてきたつもりなのに
     始末に困るほどガラクタが溜まっていた。

      アオサギのシンプルライフとは雲泥の差、足元にも及ばない。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif  
関連記事
スポンサーサイト
2012.10.25 Thu 15:56:14 | その他| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。