おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
「今日もいい一日が始まります」
      その文章は、こんな風に書き起こされていた。

      「おはよう。今日もいい一日が始まります」。
     新潟に住む90歳の母から毎朝、届くメールの冒頭です。


      毎日新聞の読者投稿欄に掲載された「母のメール」
     90歳の母のくだりで思わず目を疑った。
     筆者の埼玉県伊奈町・大嶋衣子さんは60歳。
     お母さんが90歳でもおかしくはない。
     しかし、89歳でメールを始め、90歳の今も毎日メールで近況を
     知らせて来るとは。
     何と素敵なおばあちゃんだろう。

      自分はメールどころか、90歳まで生きるとは思えない。
     せめて胸の中で「おはよう。今日もいい一日が始まるぞ」と自分に呟いてみる。
     すると、どうだ、本当にいい一日が始まるような気がする。

      この言葉は素晴らしい魔法の言葉だ。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.10.14 Sun 16:38:37 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。