おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
イノシシの笑い声が聞こえる
くりのみ

      オグリと散歩する道筋に小さな栗林がある。
     まだ実をつけている木がめっきり少なくなった。

      今の季節、去年までは自分も毎日のように栗を拾っていた。
     去年の卓上カレンダーを見ると、8月27日から拾い始め、10月5日の
     欄に「栗ほぼ終わり」とメモしている。

      今年は年2回の下草刈りが体力的に厳しくなったため、借りていた栗山と栗林を
     持ち主にお返しした。
     誰も手入れをしなくなった栗山・林は草ぼうぼうだが、イノシシや野ネズミは
     誰にも遠慮せず、腹いっぱい栗が食べられて満足しているだろう。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.10.03 Wed 16:44:57 | 畑仕事| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。