おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
四季の風を聴く
風鈴

      長らく欲しいと思っていた南部鉄の風鈴をようやく手に入れた。
     毎日新聞の読者投稿欄の「匠の人生」を読んで、「そうか、売っている店を
     探さなくても通販で取り寄せればいいんだ」と今さらながら気づいたのだった。
     これまで何度もインターネット通販で文房具や本を買っているのに風鈴まで
     チエが回らない。
     頭の働きが日々刻々鈍くなっている。

      届いた風鈴を庭木の小枝にぶら下げてみた。
     南部鉄独特の高く澄んだチーンチーンという音が素晴らしい。

      風鈴は夏が終わったら仕舞うものだが、1年中軒先に下げておこうと思う。
     秋風や木枯らし、春一番の訪れを風鈴の音で知るのも一興ではないだろうか。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.09.27 Thu 17:32:36 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
もうすぐですね
はしちゃんの詩さん こんにちは。

 ストレッチャーを押して手術室まで
運んでくれた若い女性の看護師さんが
「麻酔の注射をしたら時間がとまり、
次に目が覚めたときは手術が終わっていますよ」と
励ましてくれました。
「過ぎてしまえば、あっという間」と
言いたかったのでしょう。

 自分の手術を振り返ると、
本当にその通りだなと思います。
「怖い手術」もあっという間ですよ。
2012.09.28 Fri 17:07:38 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
こんばんわ
烏瓜と遊ぶ風鈴を楽しみました。散歩道に酔狂で風輪をくぬぎの木に吊るした日もありました。
 さて、私いよいよ覚悟の上まな板に乗ってきます(10月1日入院)1ヶ月後にお邪魔したいと思います。その頃は終の住処のリニューアルも終えているでしょうか。風邪など引かれないようご自愛下さいませ。行ってきます(怖いよー)(助けてー)
2012.09.27 Thu 19:48:24 | URL | はしちゃんの詩 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。