おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
お彼岸に彼岸花の花咲く
彼岸㊤

      田んぼの畦に彼岸花が咲き始めた。
     彼岸のころ、山里は彼岸花で赤々と彩られる。

      お彼岸に彼岸花の花咲く、何の不思議もないけれど――と言いながら
     この花は、よくぞ毎年お彼岸を忘れないものだと感心する。

彼岸㊦

      目を空に転じると、空は高く青い。
     これはもう秋の空だ。

      しかし、昼間の蒸し暑さはどうだ。
     ちょっと畑仕事をしたら汗まみれになる。
     「暑さ寒さも彼岸まで」もう少しの我慢だね。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.09.12 Wed 17:40:04 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
レンズの汚れではないはず
kinnsann さん こんばんは。

 雲の中の黒い点のことでしょうか。
気づきませんでした。
トンボは沢山飛んでいましたからトンボでしょうね。
2012.09.13 Thu 17:33:50 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
日本の秋
 稲穂に彼岸花。何とも落ち着く取り合わせです。大きな写真の高い空。飛んでいるのは赤とんぼでしょうか。
 十五の心でなくても空に吸われたくなります。有り難うございます。
2012.09.12 Wed 18:36:34 | URL | kinnsann #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。