おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
どう咲きゃいいのさ この私
よる㊤

      月夜の晩にカラスウリが咲く季節が、また巡って来た。
     夕方6時過ぎは、まだこんな状態。
     細い糸状の花弁はツボミの中でどのように収納されているのだろう。

よる㊥

      午後9時には見事に咲いていた。
     糸状の花弁が「一糸乱れずに」開くさまは繊細の極致だ。
     私は見たことはないが、白い大きな蛾が月光を浴びて舞い来たり、
     受粉を手伝うという。

よる㊦

      翌朝早く花はしぼんでいた。
     確かに花の命は短いけれど、秋には赤い実を結ぶ。
     羨ましいような一生ではないか。

      むかし流行した藤圭子の「夢は夜ひらく」にこんな一節があった。
             
             どう咲きゃいいのさ この私 夢は夜ひらく

      「どう咲きゃいいのさ」と自問してみる。
     もう、花を咲かせる力は残っていないな、と思いながら。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif  
関連記事
スポンサーサイト
2012.08.04 Sat 17:28:34 | | 2 comments
コメント
この記事へのコメント
花咲か爺さん
orangepeko さん こんにちは。

 山里ではありふれたカラスウリも
街中で見るのは難しいでしょうね。

 花咲か爺さんのように
灰を撒いて枯れ木に花を咲かせましょうか。
2012.08.06 Mon 17:39:51 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
カラスウリは…
以前の住まいの近くでも観察できました~♪…街中で珍しい!と思っていたのですが…
昨年は姿を消していました…多分抜き取られたのでしょうね…

夜、パパに付き添われて観察に出かけたのが思い出されます…
もう「カラスウリ」は自宅で栽培するしかなく…見つけてもなかなか観察に出かけられません(^^;


>もう、花を咲かせる力は残っていないな…
そんなことないですよ!華やかさだけが花ではないと…ご自分で判断なされない方が…(^^;

「能あたはざるに非あらざるなり、為なさざるなり」…
誠に失礼いたしましたm(_ _)m …これは自分に言い聞かせています(^^;
2012.08.06 Mon 10:26:31 | URL | orangepeko #/Gbb2fdw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。