おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
急がんでもいい
青ミカン

      スーパーや道の駅に早生のミカンが並んでいる。
     猛暑の7月にミカンかい?

      私の頭の中ではミカンは冬のものだ。
     炬燵に入って食べたのは、いつもミカンだった。

      ミニ果樹園のミカンはまだ青く、500円玉ぐらいの大きさしかなかった。
     そうそう、それでよか。
     ミカンは木枯らし吹くころに甘くなればいい。

     ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.28 Sat 16:56:51 | 暮らし| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。