おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
仕舞い支度の始まり
古屋

      この家(写真)を借りてから10年が過ぎた。
     家賃は月額2万円、このほか菜園、ミニ果樹園、栗林・栗山も家主さんから
     無料で貸してもらっている。

      家主さんとは良好な関係が続いているし、「いつまで住んでもよかよ」と
     言ってもらっているけれど、遅くとも年内には、この家を出る。
     何ごとにも潮時がある、いつまでも好意に甘えていてはいけない、という思いからだ。

      私たちが家を明け渡したら、自宅からスープの冷めない距離にあるこの家は
     家主さん夫妻の格好の隠居所になるだろう。
     高校生や中学生になった孫たちも自宅に個室がもらえるかも知れない。

      ――――というのは多分タテマエで、ホンネは、そろそろ自分の“終いの棲み家”を
     見つけ、人生の仕舞い支度を始めなくてはならないという焦りだ。
     残された時間がどれくらいあるか神のみぞ知ることだけれど、終わりの準備を始める
     のに早過ぎるということはない。
     明日、何が起きるか分からないのだから。

      数少ないツテを頼りに何戸かの終いの棲み家候補を見つけた。
     ブログに新しいカテゴリ「仕舞い支度」を作り、折に触れてその後の経過を記したい。
     今日は、その第1回だ。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.21 Sat 18:24:57 | 仕舞い支度| 12 comments
コメント
この記事へのコメント
難しい
らぼっちさん こんにちは。

 いつまでも借家に住み続けるわけには
いかないと、最初から考えていましたが、
ずるずる問題を先送りしてしまいました。
この2カ月で5件の物件を見て
どれも一長一短。
なかなか決められずにいます。
難しいです。
2012.07.24 Tue 16:07:32 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
前に終の棲家を探さなきゃという記事がありましたよね
そうですか、でも10km圏内だったら
こちらではよさそうな・・・^^;
やはり買い物や病院のことなど
考えとかんといけませんもんね
よい棲家が見つかりますように♪
2012.07.23 Mon 23:50:26 | URL | らぼっち #-[ 編集]
これからも
はしちゃんの詩さん こんにちは。

 2月から読んで下さっていたのですか。
ありがたいことです。

 なかなか言葉が出なくなりましたが、
ブログはもうしばらく続けられそうです。
これからも、よろしくおつきあい下さい。
2012.07.23 Mon 17:49:20 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
家なき子
健忘庵さん こんにちは。

 親しい家主さんの持ち家で最期を迎えるのは
申し訳なく、小さくても我が家を持とうと
以前から思っていました。
鴨長明の方丈の住まいは4畳半の広さだそうですが、
さすがにこれでは狭過ぎます。
豪邸など夢にも願わず、雨露がしのげればそれで良しと
思っていても、なかなか適当な物件が見つかりません。
 
 小さな家と小さな畑――身の丈に合った場所を
きっと見つけますよ。
2012.07.23 Mon 17:42:06 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.07.23 Mon 11:09:32 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.07.23 Mon 00:18:50 | | #[ 編集]
今年の2月、偶然覗いた沢太郎さんのブログを拝見し「私もブログを」と思い立ちました。先ずパソコンの操作が解らず難儀をしています。私に文を書く事のきっかけを下さったこと感謝しております。お住まいが変わられてからのブログも楽しみにしています。
2012.07.22 Sun 19:16:38 | URL | はしちゃんの詩 #-[ 編集]
終の住処探しですか。
あのお邪魔したことがある住まいを出て、どこへ行かれるのでしょうか。

たとえ体が多少動かなくなっても、そばに菜園があるような暮らしがいいとおもいますよ。

私も四万十町、曾爾村、白浜町と探索しましたが、恰好のモノが見つからないまま過ぎています。いまは自宅のある町で、もうちょっと庭が広いところの出物がないか、探しています。それが私の終の棲家になることでしょう。

今の季節でいえば、トマトやキュウリやシソが採れるようなところに住めれば、最後まで人間らしい生活を送ることができるような気がしますね。

いい掘り出し物がみつかりますように。いずれは新しい住処をまた訪れたいものです。
2012.07.22 Sun 16:46:18 | URL | 健忘庵 #-[ 編集]
現実は厳しい
司元さん こんにちは。

 山里の次は海辺で暮らしたいと思ったこともありますが
諸般の事情で断念。
我が家から半径10キロ以内の草深いどこかに落ち着きそうです。

 チャンスはまだまだありますよ。

2012.07.22 Sun 13:40:12 | URL | 沢太郎 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.07.22 Sun 08:28:53 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.07.21 Sat 22:52:44 | | #[ 編集]
驚きました。
その次のところは九州から離れた所なんでしょうか。
それなら年に数度九州に出張していたのだから、一度でも今お住まいのところにおじゃましておけばよかったです。

2012.07.21 Sat 20:46:52 | URL | 司元 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。