おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
季節の交差点
あお㊤

      オグリを連れて朝の散歩に出掛けた。
     時間は6時を少し過ぎたころ。
     風がひんやりしている。
     まるで秋の朝みたい。

      見上げる空は青く、頼り無げな白い雲が浮かんでいる。
     こんな明るい空を最後に見たのは、いつだったろう。

あお㊦

      道端に秋の七草の萩が咲いていた。
     足元の草むらでコオロギが鳴いている。

      夏のトンボの王様オニヤンマが目の前で悠々と旋回した。
     もう7月だというのにウグイスが元気に鳴き、夏鳥のホトトギスも負けずに
     鳴きながら谷を越え、向こうの山に消えた。

      春の名残りと、これからが本番の夏に、秋の気配。
     それぞれが目の前で交差した朝だった。

    ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.09 Mon 19:22:38 | 暮らし| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
ありがとう
やっこさん こんにちは。

 そうですか?

 思いがけないことでも
褒められると嬉しいです。
2012.07.10 Tue 17:20:11 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
なんて素敵なタイトルなんでしょ♪

2012.07.10 Tue 07:38:39 | URL | やっこ #uoHlTVME[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。