おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
カボチャの6割がダウン
かぼア

      「貴重な梅雨の中休みを有効にお使い下さい」と気象予報士が言っていた。
     今日の晴天は梅雨明けではないらしい。

      気象予報士の言うことを聞いて、自宅近くの菜園に足を運んだ。
     草に負けずに逞しく成長しているカボチャがある。

カボい

      その一方、虫除けの囲いの中で萎縮しているカボチャも。

カボう

      こちらは囲いに入り込んだ草に駆逐されて、カボチャが消えてしまっている。
     見渡すと、元気なカボチャは全体の4割で、残り6割はは消えたか、成長不良だ。
     長雨による根腐れか、何かの病気だろうか。

      10キロ離れた谷間の段々畑では、ほとんどのカボチャが元気に育っている。
     こちらは今年が初めてのカボチャ、自宅近くの菜園は去年も植えている。
     育ちが悪いのは連作障害かも知れない。

      素人の畑仕事は経験に学ぶ、それもとりわけ失敗の経験に学ばなければならないと
     覚悟はしているのだが、失敗が続くと落胆せずにはいられない。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.08 Sun 16:55:25 | 畑仕事| 0 comments
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。