おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
散り際
1号

      庭の草むらに朝顔が一輪咲いていた。
     開花に気づいたのは午前6時過ぎ。
     次に見た午前8時15分にはしぼんでいた。
     朝顔の花の命は、散り際が見事な桜よりも短い。

      梅雨を彩った紫陽花の衰えが目立つ。
     だが、紫陽花は散らない。
     梅雨が明けて真夏の太陽が照りつけても、ドライフラワー状態になって
     枝についてる。
     
      花にも人にも、さまざまな咲き方、散り方がある。
     綺麗に咲くのは難しいけれど、上手に散るのは、もっと難しい。
     年齢を重ねるにつれて、そう思うようになった。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.29 Fri 16:46:31 | | 1 comments
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
『人気サイトランキング』と申します。
ご訪問いただければ幸いです。
2012.06.30 Sat 06:54:18 | URL | 人気サイトランキング #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。