おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
サルマタケ
きのこ㊤

きのこ㊦ 梅雨入り以来、朝起きたらまず温・湿度計を見るようになった。最初のころは湿度70%で驚いていたが、今は90%を超えても動じない。朝の気温が22~23℃なら、湿度が高くてもさほど苦にならないのだ。

 朝のラジオで、梅雨時のカビ対策を特集していた。キノコもカビと同じ菌類だから、今の季節によく生える。

 杉丸太に生えた名前不詳のキノコを見て、大昔に読んだ漫画を思い出した。松本零士の「男おいどん」だ。主人公はおんぼろ四畳半に下宿している青年・大山昇太(おおやまのぼった)。じめじめジトジトした季節に彼が押入れを開けると、大量の猿股(パンツ)が崩れ落ち、そのパンツにはサルマタケというキノコがびっしり生えているのだった(漫画はGoogleから)……。

 当時、二十歳ぐらいに見えた大山クンも既に高齢者の仲間入りしているはず。今ごろどこかで孫たちに「爺ちゃんが若いころ、猿股にキノコが沢山生えて往生したもんだ」と話して、嫌われているのではないだろうか。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.22 Fri 21:29:43 | 暮らし| 3 comments
コメント
この記事へのコメント
先生、教えて下さい
野いちごさん こんにちは。

 きのこが専門の先生は 飄々と
浮世離れした方のようですね。
先生のお供をしてハイキングに出かけたら
楽しいだろうなあ。

 「先生、サルマタケというキノコは
本当にあるのですか?」と訊いたりして。

2012.06.26 Tue 17:10:57 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
きのこ②
そのきのこ専門の先生は、大学教授を退官された

方でしたが、参加している子供さんには関係ない。

「おじいちゃん!これ食べられるきのこかぁ?」

先生が「食べられんなぁ~」と言うと

「なんやぁ~」とポイ!と捨てていました。(笑)
2012.06.25 Mon 10:47:04 | URL | 野いちご #-[ 編集]
きのこ
「きのこ」が専門の先生とのハイキングの行事に
参加した事がありました。

先生が「僕は動物園と懇意にしてるから、象の
糞に生えるキノコが欲しかったら貰ってやるよ~」
と言われました。

参加していた子供さんが
「ウェ~ッ 汚ったねぇ~」と言ったので大笑いに
なった事がありました。

先生は真顔で「そうか!」と言っておられましたが
先生には汚なくも何んとも無いんでしょうね~!
2012.06.25 Mon 10:38:18 | URL | 野いちご #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。