おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
雨上がり
くさ㊤

      台風一過の青空――という訳には行かなかったけれど、
     ともかくも雨は上がった。
     草の露は、きのうの雨の名残りだ。

くさ㊦

      久しぶりに谷間の段々畑に行った。
     カボチャが見違えるほど大きくなっていたが、草も負けずに伸びていた。
     梅雨が明けるころには草がカボチャを飲み込んでいるかも知れない。

      草刈りに明け暮れする日がもうすぐやって来る。
     それまでに腰の状態が良くなっていればいいのだが。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif     
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.20 Wed 16:50:43 | 畑仕事| 6 comments
コメント
この記事へのコメント
納得です
野いちごさん こんにちは。

 なるほど、そういうことでしたか。
我が家のカボチャはツルを伸ばして
隣りの畑に入り込んだりするので、
同じように考えてしまいました。
2012.06.22 Fri 17:15:31 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
逃亡カボチャ?
>近くの畑から這い出て来た

あははは~違いますよ!

近所のお婆さん達が、種をポイポイと捨てていたので

それが実ったんだと思いますよ。
2012.06.22 Fri 00:31:01 | URL | 野いちご #-[ 編集]
逃亡カボチャ?
野いちごさん こんばんは。

 土手に生っていたカボチャや夕顔は
近くの畑から這い出てきたものでしょうか。
おおらかな風景ですね。
2012.06.21 Thu 17:44:43 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
サトイモの葉と露
はしちゃんの詩さん こんばんは。

 子どものころ、サトイモの葉の上で露が転がっても、
葉が少しも濡れないのが不思議でした。
今日のように強い雨が降り続いたら
サトイモの葉でも濡れるのかな?
2012.06.21 Thu 17:38:28 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
雨上がりにカボチャ
青々といいですねぇ~私が子供の頃、

川の土手にカボチャや、かんぴょうに使う

夕顔なんかがゴロゴロとなっていましたよ~

誰が取ってもいいんですが、誰も見飽きて

取りません。懐かしいです~!
2012.06.21 Thu 12:06:00 | URL | 野いちご #-[ 編集]
蜘蛛の巣に?
なんて綺麗な露玉。蜘蛛の巣に捕まってしまったのかしら?
余りにも綺麗で可愛い露玉だったので、沢太郎さんにまで捕まってしまったのかな。
2012.06.20 Wed 20:43:48 | URL | はしちゃんの詩 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。