おおむね農夫、時に木こり。「山あれば山を観る 雨の日は雨を聴く 春夏秋冬 あしたもよろし ゆうべもよろし」(山頭火)。こんな生活のあれこれを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
元気を出そうよ!
うぶ㊤

      阿蘇・産山村の「花の温泉館 産の湯」の前は何回か通ったことがある。
     今回初めて立ち寄って、これまで素通りした理由が分かったような気がする。
     全体に影が薄いというのか、人を惹きつける活気が感じられないのだ。

      入口の階段を上がった所の屋根つきの広いウッドデッキは人の気配がなく
     閑散としていた。
     雨で来客が途絶えたためだけとは思えない。
     干しシイタケを並べた小さな屋台が1台、ポツンと置いてある情景が侘しいのだ。
     ばあちゃんたちが村の特産品を賑やかに売るわけにはいかないのだろうか。

      館内の売店でも目につくのはインスタントラーメンと仕入れ商品の菓子類ばかり。
     例え需要があってもインスタントラーメンを置くなんて興醒めではないか。

      もっと気になったのは出会った従業員が受付の一人だけで、こちらが話し掛けても
     最後まで「いらっしゃい」「こんにちは」といった挨拶が聞かれなかったこと。
     挨拶がなければ、当然笑顔もない。

      意地悪な姑さんみたいな粗探しは、これくらいにしておこう。
     人間に元気がなければ温泉施設もくすんで見える。
     阿蘇の素晴らしい自然も、せっかくの良泉も宝の持ち腐れだ。

      元気を出そうよ!産の湯さん。

うぶ㊦

      帰りに産の湯近くの「山水亭」で食事をした。
     建物を外から見ただけで“元気”が感じられる。
     中に入ると、夫婦とおぼしき若い二人が声と笑顔で客をもてなしていた。

      お薦めのオムライスはとても美味しかった。
     料理に元気のエキスが入っていたに違いない。

      ↓よろしかったら応援のクリックをお願いします。
20071103161540.gif
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.19 Tue 17:34:32 | 遊び| 2 comments
コメント
この記事へのコメント
ちょっと横道にそれますが
らぼっちさん こんばんは。

 お金では買えない阿蘇の環境を
生かすもkorosu(漢字で書くと受け付けて貰えませんので)も結局は
人間なんでしょうね。

 どんなに設備の整った大病院でも、看護師さんが
暗い顔して威張っていたら逃げ出したくなりますもの。
私自身の経験で言えば激務の看護師さんが
いつも元気で、笑顔を絶やさないことに
心から感服感謝しています。
2012.06.21 Thu 18:04:02 | URL | 沢太郎 #fZUo1r6Y[ 編集]
確かに花の温泉館は前に一度覗きましたが
同じ感想を持ちました
でもこの前行ったとき大きなボーリング櫓が立っていたので
新たな温泉を掘削してるのではと思いました
でも温泉より、まずは従業員教育と元気ですよね^^;

山水亭のオムライスは絶品ですね♪
うちらも大好きです^^v
2012.06.20 Wed 23:58:51 | URL | らぼっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。